読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日がカレーライフ

No curry No life

音楽家も身体が資本

わけあって早めの更新、「ただ今、研澄まし中」まことです。

 

昨日は「ミュージシャンのためのボディメイクセミナー」に参加してきました。

 

なかなか聴かない珍しいセミナーですよね。

でも楽器演奏ってなんだかんだで身体使うんです。

 

ライブでは体力必要ですし。あとギターなんかは変な姿勢で練習していたりすると肩や背中を痛めたりします。というか僕はちょくちょく痛めてます。

 

正しい姿勢と身体作りは楽器の上達の上でもとても重要なんですね。

 

そういえば前に読んだギター雑誌で“The Misfits”というアメリカのハードコアパンクバンドのインタビューが載ってたんですが、うろ覚えですがベーシストが「俺は身体を鍛えてるんだ、それは健全な身体には健全な精神が宿るからだ」みたいのがあったんですけど・・・

f:id:namakuraman:20140519090943j:plain

こんな感じの人たちです(1999年の頃)

「その格好で健全な精神って!」と爆笑したのを思い出しました。

ちなみに1977年結成からメンバー変わって、その後解散して再結成っとしながらも今だ活動してます、流石健全な肉体は違う、見習おう!

 

思いっきり話がそれましたが、身体作りが大切なのは多分誰もが分かっていることですが、とか言え「何が正しい」のかがイマイチ分からないのが正直な所。

 

 

今回のセミナーでは足と身体の軸を作る事に焦点をあてたもので、特に足のケアの方法はミュージシャン限らずどなたも知っていて損のない知識だと思いますね!

 

説明の一つ一つが講師の方の長年の経験と実践のなかで作られた理論からの物で、僕はとても分かりやすく腑に落ちる内容でした。お話もユーモアがあって面白かったです。

 

後半は実際にいくつかのエクササイズを実践しましたが、短時間で基本から応用のバリエーションまで幅広くやったのでかなりハードでした。

僕はお尻回りの筋肉が悲鳴を上げています(笑)

 

とても良い学びを得られました。

講師の森部さんと主催の翔さんに感謝です!

 

今までも無理のない範囲で筋トレを続けてきましたが、今回学んだ事を取り入れて正しい身体作りと足のケアをやっていこうと思います。

 

ではまた!