読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日がカレーライフ

No curry No life

夏の幻、弾丸すぎるサポートライブ

京都でサポートライブでした。

f:id:namakuraman:20140817005905j:plain


朝7:30に到着して、夜23:20に帰路へ

実質15時間50分の京都滞在、ぶっちゃけて京都を堪能せぬままの弾丸サポートライブでした。

なんでそうなったかと言うと、僕に時間的にも金銭的にも余裕がなかっただけです。もう少し余裕があれば一泊して、学生以来の京都の街をブラブラとしたかったですね。

 

f:id:namakuraman:20140817010430j:plain


しかし今回は折りたたみギターを持っていて良かった、折りたたみじゃなかったらあの狭い深夜バスには乗れなかっただろう。

でも、荷物は最低限にしたつもりだけど、もっと少なくできたなと思う。
元々は持ちたがりな性格なのでついつい増えてしまう。

今回忘れてはいけないのはギターと譜面の二つだけ。
ライブハウスと聞いていたのでそこで借りるのも手ではあった。
しかしそれではやはり不安要素があるのでギターの音を拾うピックアップとその音を音響側に送るためのD.I.に二つを繋ぐためのケーブルを持参。
あとはギターを弾くのに使うピックと楽器を肩に下げるためのストラップ、そして予備の弦を入れれば、ライブ時のに用意する最低限セットの完成。

上記荷物だけならD.I.がちょっとかさばるがギターのケースに全部入る。

あと重要なところで衣装、近場なら最初から着て行くのもありだけど、一応別にして持っていった。

あとはスマフォ用のモバイルバッテリーと空き時間に作業したかったのでMacAirを持参。
将来的にMacBook AiriPadに変えて、譜面関係も全部そこにまとめてしまいたいってのが理想としてあります。

まあしかし、結構少ないの荷物でどうにかなるもんです。

そこはやはりiPhoneの存在は大きい、連絡、時間管理、地図、暇つぶしの何か(僕の場合はKindleで読書かニュースアプリを見ること)と多くのことを担ってくれている
、特に僕は方向音痴なので現在位置がわかるのは本当にありがたいし、整理が得意な方ではない僕には上記を全て別々で持つのは非常に面倒だ。

とここまで書いて、改めて技術の進歩をありがたく感じるのであった。

このブログも深夜バスの中で合間を見て作成している。こういった思った時に作成して残せるのもありがたい。

今度京都に行く時はもっとゆっくりできるようにしたいな。

f:id:namakuraman:20140817010239j:plain


ではまた!