読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日がカレーライフ

No curry No life

ようやく見えてきたこと


断捨離

この言葉を知ったのがいつだったかはもう忘れたけれど、毎年徐々にではあるが物を減らしていった。

f:id:namakuraman:20150212165519j:plain

f:id:namakuraman:20150212165539j:plain

引越しのタイミングで大きく減らし、整理する時間を作っては必要なものを分ける作業を繰り返しようやくここまできた。

自分の中ではこれで8割は処分できたなというところ、音楽関係でまだ捨てきれていない物が少し、それと服ももう少し整理すれば9割達成と考えてる。
ここまでいくと片付けにもそんなに苦労はない。



20代前半の頃が物持ちがピークだった、大量の楽器や機材、数百枚あるCDや月ごと増えるライブ用の衣装、そして本と雑誌など、特に音楽関連を中心に物が溢れていた。

音楽で食べていくことを目指していたのなら、それ自体は決して悪いことではない、しかし僕は楽器に囲まれる中で何がしたいのかを見失った。

音楽で何かをするよりもその時に欲しいと思った機材を買って満足し、本当に自分に必要な物が何なのかが分からなくなっていた。

色んなものを買うことは駄目なんじゃない、買う中で何が自分に必要なのかを常に見極め、次に活かさなければいけない。

そして本当に自分に必要な物事を見定めて買うことが大切なことだと今は思う、それに気がつくのに随分時間がかかってしまった。

今は音楽とは良い距離を持っている。
楽器はエレキギターとアコギが一本づつと最低限の機材のみ、制限はあるが逆にそこまで時間が取れないのだからちょうどいい。

音楽はずっと続けていくから、完全に手放すことはないけど、今は聴く方をメインで楽しめればいい。