毎日がカレーライフ

No curry No life

基本にかえって安いレトルトを食べてみる。その3

グリコ
カレー職人 欧風カレー
170g 107kcal
105円

f:id:namakuraman:20170810141840j:image

あめ色玉ねぎの旨みとブイヨンのコク。乳製品で仕上げたまろやかな欧風カレーです。

 

 

グリコのカレー職人シリーズの欧風カレー。
袋のままレンジできる便利。

 

やはりこの値段帯のカレーは一口目がインパクトがない、まろやかなタイプは特にそう。

 

安定しているが、値段なりの味とも言う。

 

オススメ度:C-

 

 


カレー職人 老舗洋食カレー
170g 104kcal
105円

f:id:namakuraman:20170810141851j:image

あめ色玉ねぎやトマトをベースに、ドミグラスソースで仕上げたコクのあるチキンカレーです。

 

そんなにドミグラスの香りはしない。カレー職人の欧風はビーフだったがこれはチキンカレーのためか少しあっさりめの味わい。

どこらへんが"老舗"なのかがよく分からない。

 

オススメ度:C-

 

 

 

カレー職人 ビーフカレー
170g 114kcal
105円

f:id:namakuraman:20170810141924j:image

あめ色玉ねぎをブレンドしてじっくり煮込み、豊かなコクと旨みを引き出したビーフカレーです。

 

これは一番コクがあって美味しかったな。

以上!

 

 

オススメ度:C+

 

総評:

価格帯として安定した味、しかし同値段であるハウスのカリー屋カリーと比べると一歩劣る印象。

グリコといえば激辛カレーのLEEが印象的なので、あとZEPPINもスパイシーで美味しかったと思うので、カレー職人シリーズは良くも悪くも普通すぎて印象に残りにくい。

 

カレー職人シリーズはバターチキンカレーがまだ食べたことないのだが、あまり食べたいとは思えない。